エヌの世界ブログ

2020年6月までは(一社)対馬観光物産協会の観光担当/事務局長Nとして、7月からはサイトリニューアルによりエヌ(個人)としてブログを書いています。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ホームページ
管理画面
記事アーカイブ
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
対馬楽講座・自然編「平坂寛と行く昆虫採集」について(ヘビ・昆虫動画あり)
 こんにちは、エヌです。

 夏は、海水浴、魚釣り、シーカヤック、昆虫採集、スイカ割り、花火、など「家族で過ごす島の夏休み」を楽しめる季節です。

 (今年は新型コロナの影響でモヤモヤしてますが・・・(-_-;))


 で! 昨年からツシマヒラタクワガタなどの対馬の昆虫の情報発信を行っており、今年も昆虫講座を開催しましたので、報告です!


対馬楽講座チラシ

 「スゴイゼ!平坂寛と行く昆虫採集」(2020/7/25〜26)の講師は、昨年に引き続き

 「異色の生物ライター」平坂 寛(ひらさか ひろし)さん。



講座の様子1

 ソーシャルディスタンスを確保しつつ、地元・対馬のご家族連れを中心に、40名の方が参加されました。

 実際にデンキウナギに触れて感電し、それを調理して食べてみるなど、実体験を重視するのが平坂流。

 昨年の来島時にも、対馬の大きなムカデに噛まれてました。(アクシデントだけど)


講座の様子2

 そして対馬だけでみられるツシマカブリモドキなどの生き物のお話。

 平坂さんが一番見たいのは、日本では対馬だけに生息する大陸系のヘビ「アカマダラ」だそうです。

 今回も数日(夜中)さまよって発見できず、悔しそうでした。





 ↑ちなみに私は昨夏、帰宅中に見つけました(地元の強みですね)



フィールドワークの様子1

 さて、翌日はフィールドワーク。 昨年は大雨で中止になったので、リベンジ開催です。

 上見坂(かみざか)公園の森が薄暗くて昆虫がおらず、急遽、鶏知(けち)ダムに変更しました。

 イベントなので、駐車場やトイレ、移動時間の問題もあり、なかなか難しいところです。

 ちなみに参加者は25名。

 
フィールドワークの様子2

 前日に設置したバナナ・トラップ(※ブログ後半参照)を見に行ったら、ツシマテン(?)に食べられてました!

 新鮮すぎたか・・・(-_-;)



ピンホールトラップ

 ピットホールトラップ(※後半参照)には、ツシマヒメオサムシなどが少々。

(設置したトラップは数を確認し、必ず回収してくださいね)

 お目当てのツシマヒラタクワガタやツシマカブリモドキなどが見つからず、焦り始める平坂さん&スタッフ(-_-;)



 「し、自然相手ですから、こんなこともありますよ!」




 大雨も降り始め・・・




 「や、やばい・・・」





フィールドワーク3

 なんとか天気も回復し、最後の望みをかけて、自然観察を再開。



平坂さんとアオダイショウ1

 すると! アオダイショウ発見!

 「触ってみてー」

 「意外と滑らかやねー」

 子どもたちも大喜び。

 (いや、虫じゃないけどね)



平坂さんとアオダイショウ2

 講師の平坂さん。過激派組織の指導者と工作員と毒ヘビにしか見えません(殴)



フィールドワーク4

 こうして、2年越しのフィールドワークは無事終わりました。

 写真は、事前に採集しておいたツシマヒラタクワガタ、カブトムシなどを熱心に見入る参加者のみなさん。

 講師の平坂寛さん、参加された皆様、ありがとうございました!

 天気の影響も受けやすく、何が起こるかわかりませんが、やっぱりフィールドは楽しいですね。



お見送り1

 平坂さんは、生き物を探しながら数日山中をさまよった後、厳原港(いづはらこう)から出港。


 「乗船窓口の検印がないです」

 「えっ?」


お見送り2

 (乗り遅れそうになったけど)

 無事、離島!
(写真はヤマピー)

 まーたー来ーてーねー。



 >>対馬楽講座&昆虫観察会、楽しかったです!(平坂寛のフィールドノート 2020.07.31)

 (↑捜索?徘徊?中に特大ツシマヒラタクワガタを発見したみたい。さすが!)




おまけ カブトムシ・クワガタの見つけ方



 カブトムシやクワガタの多くは夜行性で、発酵した樹液に集まる性質があります。

 ただ、夜中に樹液の出ている気を探すのはちょっと大変(特に子ども連れの場合)で、スズメバチやマムシなどの危険もあります。

 そこで!


バナナトラップ

 昼のうちに、熟したバナナを網にいれて、カブトムシがいそうな木(クヌギ・コナラなど。わからなければなんでもよし)にセットします。

 夜、訪問することを想定し、安全面をチェック。


クワガタ

 場所次第ですが、我が家近くでは毎夜カブトムシが来てます。

 バナナが発酵→腐敗すると効果がなくなるので、回収・処分をお願いします。


 ツシマカブリモドキなどの地上徘徊性の昆虫を採集するには、プラコップに少量のリンゴ酢を入れて(多すぎると昆虫が溺れるので)、コップのふちが地表と平面になるよう、セットします。

 こちらも回収を忘れずに!



おまけ アキマドボタル

アキマドボタル(幼虫)

 7月中旬の夜、光る昆虫がいました。

「えっ? まだゲンジボタルが?」

 と思ったら、日本では対馬だけに生息するアキマドボタルの幼虫でした。(写真は腹部=裏側)

 成虫が舞い始めるのは9月下旬。

 対馬の生き物の世界は、まだまだ奥が深いのです。

 >>対馬の奇妙な生き物たちの発生状況について(エヌの世界ブログ 2017.09.13 Wednesday)

対馬楽講座 | 19:19 | - | - |
「対馬楽講座〜歴史編〜」報告について
 こんにちは、新型コロナの影響でイベントやツアーがどんどん消えていき、魂が抜けそうな局長Nです。

 は〜(-_-;)

 とりあえず2020年3月10日現在では対馬(というか長崎県全体)で感染者は出ていないのですが、予防対策をとりながら、早い終息を願うばかりです。

 >>新型コロナウイルス感染症について(詳細情報)- 長崎県内の発生状況(長崎県)



 さて、毎年、私が執念を燃やしている「対馬楽講座」ですが、3/1(日)に無事、全日程が終了しました。

 講師の皆様、受講生の皆様、ありがとうございました!

 特に3/1(日)の最終回「現代の防人、陸上自衛隊対馬警備隊」は、新型コロナ感染のリスクを避けるため、会場を会議室から開放的な体育館に変更し、マスクとアルコール消毒を準備していただき、万全の体制での開催となりました。

 対応していただいた山口司令様と陸上自衛隊の皆様に心より感謝申し上げます<(_ _)>


 講座のお申込みは77名、会場が全島に分散したこともあり、参加者数は毎回20〜34名程度でバラつきがありました。

 さて、講座の様子を写真を交えながら・・・。



対馬楽講座

2/ 1(土) 第1回「対馬、神社と神々の島」
 講師 和多都美神社 禰宜(ねぎ) 平山 雄一 氏


対馬楽・神社1

 記念すべき第1回は、和多都美神社の禰宜・平山さんによる、神々の島・対馬の講座です。

 内容は専門的ですが、ユーモアを交えながら、わかりやすく丁寧に解説していただきました。


対馬楽・神社2

 講座の後は、和多都美(わたつみ)神社に移動して、地域の伝承や正式な参拝の作法などを教えていただきました。

 奥が深い・・・。


対馬楽・神社3

 ↑対馬を舞台にしたテレビドラマ「海照らし」(平成元年・NHK総合)の制作スタッフが奉納した豊玉姫の額。



おまけ・温江砲台

 おまけ。

 講座の後、(せっかく豊玉町まで来たので)対馬の砲台でも古い部類(第一期・明治20年代)の温江(ぬくえ)砲台をひさびさに再訪しました。



2/ 8(土) 第2回「金田城、1350年前の石塁にふれる」
 講師 対馬市教育委員会文化財課 田中 淳也 氏


対馬楽・金田城1

 第2回は、今もっとも熱い「最強の城(NHK)」金田城(かねただじょう/かなたのき)について、文化財課の金田城担当・田中さんに説明していただきながら、現地を歩きました。


対馬楽・金田城2

 「続100名城スタンプラリー」「最強の城」効果で多くの方が金田城を訪れていますが、その深い歴史、壮大な規模、国境の景観、そして山城全体の品格もあり、かなり高い評価を得ています。


おまけ・城山砲台

 おまけ。講座の後、明治期の城山砲台の観測を探すため、シーカヤックで城山に上陸。

 久々のソロ・シーカヤックで浅茅湾を独り占め。いや〜、最高の気分(殴)



2/ 9(日) 第3回「元寇、佐須浦の激戦と軍神・宗助国」
 講師 対馬市教育委員会文化財課 村瀬 達郎 氏


対馬楽・元寇1

 第3回はおなじく文化財課の村瀬さんに、「対馬の元寇」と中世の宗氏について解説していただき、現地を歩きました。


対馬楽・元寇2

 対馬島主・宗 助国は、対馬を襲った蒙古・高麗の大軍と壮絶に戦い、全滅。
 首・胴・太刀などがバラバラに祭られています。

 対馬の元寇は、「アンゴルモア〜元寇合戦記〜」(漫画/アニメ)で描かれ、
 また、「Ghost of Tsushima」(ソニー、プレステ4)の発売日が2020年6月26日に決定したこともあり、世界的な注目を集めそうです。



2/16(日) 第4回「軍都、鶏知(けち)を歩く」
 講師 対馬観光ガイドの会やんこも 小松 津代志 氏


対馬楽・軍都鶏知1

 第4回は、「対馬観光ガイドの会やんこも」のガイドで、元自衛官の小松さんによる軍都・鶏知の歴史散策&講座です。


対馬楽・軍都鶏知2

 鶏知中学校一帯はかつての重砲兵連隊/対馬要塞司令部の中枢でした。

 NHKのドキュメンタリー番組の撮影で、ここを舞台にした小説「神聖喜劇」の著者・大西巨人さんと俳優の西島秀俊さんが来島されたことがあり、小松さんがご案内されたそうです。

 >>「ETV特集:神聖喜劇ふたたび〜作家・大西巨人の闘い〜」(NHK教育)


おまけ・鳩碑

 司令部の近くで、軍用の伝書鳩が飼育されていたようで、鳩の碑がありました。

 屋号は「ポッポ屋」さんだとか(か、かわいい)。



2/22(土) 第5回「聖地、対馬北部の神社めぐり」
 講師 対馬観光ガイドの会やんこも 古場 公章 氏


対馬楽・北部神社1

 第5回は、上対馬在住の古場さんによる、上対馬の神社めぐりです。

 石積みが印象的な曽根崎(そねざき)神社(上対馬町五根緒)。祭神は、暴風神スサノオの子、植樹の神イソタケル。


対馬楽・北部神社2

 上対馬町琴(きん)の、胡禄(ころく)神社。拝殿前からの階段・鳥居が広大な海と繋がる、ダイナミックな、対馬らしい神社です。



2/23(日) 第6回「城下町、日朝通交の足跡を歩く」
 講師 対馬観光ガイドの会やんこも 小島 武博 氏


対馬楽・城下町1

 「対馬観光ガイドの会やんこも」の小島会長による、城下町の知られざる歴史&散策です。


対馬楽・城下町2

 ふだん歩きなれた厳原町の中心部にも、さまざまな歴史があり、新たな発見がありました。

 ・・・と協会スタッフ・ヤマピーが言っておりました。私は他の仕事で別行動。残念(-_-;)



3/ 1(日) 第7回「現代の防人、陸上自衛隊対馬警備隊」
 講師 陸上自衛隊対馬駐屯地司令 一等陸佐 山口 勝 氏


対馬楽講座・陸上自衛隊

 最終回第7回は、陸上自衛隊対馬駐屯地の山口司令による講座です。

 古代から対馬は大陸航路の拠点であり、また国防の最前線でもありましたが、現在でもそれは変わらないことがよくわかりました。

 対馬は自衛隊と親和性が高いので、駐屯地外で行軍などの訓練が行われても島民は気にしないのですが、それはかなり特殊なのだそうです。


陸上自衛隊

 自衛隊まつりのヒトコマ。当協会前のメインストリートを戦車が走ります(笑)


対馬楽・陸上自衛隊2

 講座の後、装備・車両などを見学させていただきました。


対馬楽講座・陸上自衛隊

 興味深々の受講者の皆さん。


対馬楽・陸上自衛隊3

 防弾チョッキの試着。実際にはこれに防弾素材(10kgくらい?)を挿入して着るそうです。


対馬楽・陸上自衛隊4

 講座の最後に、地元CATVの取材を受ける山口司令です。

 最初から最後まで、お世話になりました! ありがとうございました<(_ _)>


おまけ・成兵精鋭三塁成

 おまけ。

 講座の後、興奮冷めやらず、尾崎半島に寄り道しました。

 美津島町尾崎は、明治期の砲台が3つ、指令所が1つ、昭和の砲台が1つある砲台の聖地です。

 砲台の講座はまたいつか・・・。


 

 講師の皆様、受講生の皆様、ありがとうございました!

 スタッフの皆さん、お疲れ様でした!

 次年度の対馬楽講座は、地質や生き物などの自然系をテーマにしたいと思っています。

 お楽しみに〜。
対馬楽講座 | 22:15 | - | - |
「神々の時代から現代まで?! 対馬楽講座〜歴史編〜」について
 こんにちは、ここ数日、ソワソワしている局長Nです。

 なぜソワソワしているかというと・・・


 対馬楽講座、まもなく開講!!


 この1週間、講師の皆さんのところに押しかけ(すいません)、後援申請や講師派遣依頼、駐車場の使用申請などを出し、チラシを作るなどバタバタしていましたが、何とか形になりそうです。

 今回の講師陣は、たびたびお世話になっている対馬市教育委員会文化財課のみなさん、対馬観光ガイドの会やんこものみなさんに加え・・・


 なんと!


 初回2/1(土)は、

和多都美神社

「対馬、神社と神々の島」

 講師は、和多都美神社(わたつみじんじゃ) 禰宜(ねぎ) 平山 雄一 氏。

 國學院大學大学院文学研究科博士課程前期 修了、長崎県神社庁元主事。現在、一般社団法人ティカルダイバー代表理事、和多都美神社禰宜 (Facebookより)

 という経歴の平山さんに、神道の源流のひとつである対馬の神社・神々についてお話していただきます。

 講座後、ちょっと寄り道した後、和多都美神社を訪問・参拝します。

 そちらでも興味深いお話が聞けるかと(^^;)

 【集合】 10:00 豊玉文化会館・視聴覚室 (長崎県対馬市豊玉町仁位370


 月刊誌「サライ」の1月号でも、平山さんの活動が紹介されておりました。

 >>対馬が掲載された雑誌・専門誌・テレビ・ゲームの紹介について(当協会ブログ2019.12.30 Monday)



 ちょっと飛んで、第7回(最終回)3/1(日)は、

陸上自衛隊

「現代の防人、陸上自衛隊対馬警備隊」

 講師は、陸上自衛隊対馬駐屯地司令 一等陸佐 山口 勝 氏。

 ええ、対馬の陸自の最高責任者である山口司令に、対馬駐屯地でお話をしていただき、その後、施設内を紹介していただきます。(すごいっ!)

 昨年4月に着任されてから対馬の砲台跡を20ヶ所ほど訪問されているとのことで、打ち合わせの際も砲台話に花が咲きました(^^;)

【集合】 10:00 集合場所は、対馬駐屯地近くで、現在調整中です。 (長崎県対馬市厳原町桟原38



 第2回2/8(土)は、

金田城

「金田城、1350年前の石塁にふれる」

 講師は、対馬市教育委員会文化財課 田中 淳也 氏。

 金田城担当・専門家の田中さんとともに、いま、一番熱い「最強の城・金田城」の石塁ルートを歩きます。

 3時間程度のトレッキングになりますので、装備・寒さ対策をお願いします。

 【集合】 10:00 美津島文化会館・駐車場 (長崎県対馬市 美津島町鷄知甲1287-1



 第3回2/9(日)は、

元寇・お胴塚

「元寇、佐須浦の激戦と軍神・宗助国」

 講師は、対馬市教育委員会文化財課 村瀬 達郎 氏。

「アンゴルモア〜元寇合戦記〜」や「GHOST OF TSUSHIMA」で注目の「対馬の元寇」について、中世が大好きという村瀬さんの案内で、現地・佐須地区(助国公の首塚・胴塚など!)を歩きます

 【集合】 10:00 小茂田濱神社 (長崎県対馬市厳原町小茂田742



 第4回2/16(日)は、

鶏知中・正門

「軍都・鶏知を歩く」

 講師は、対馬観光ガイドの会やんこも 小松 津代志 氏。

 買い物に便利で、造成地のイメージが強い美津島町鶏知(みつしままち・けち)地区ですが、明治〜昭和にかけては「軍都」でした。

 鶏知中学校は元・対馬要塞司令部で、当時の正門(レンガづくり)がいまも使われています。

 知られざる鶏知の歴史を、元自衛官・小松さんに案内していただきます。

 【集合】 10:00 美津島文化会館・駐車場 (長崎県対馬市 美津島町鷄知甲1287-1



 第5回2/22(土)は、

胡禄神社

「聖地、対馬北部の神社めぐり」

 講師は、対馬観光ガイドの会やんこも 古場 公章 氏。

 古場さんおすすめの霹靂神社(古墳)や、舟志乃久頭神社、曽根崎神社、そして私も大好きな胡禄神社(上対馬町琴)を巡ります。

 途中は車移動、胡禄神社は軽いトレッキングになります。

 【集合】 10:00 上対馬総合センター・駐車場 (長崎県対馬市上対馬町比田勝575-1


 第6回2/23(日)は、

金石城

「城下町、日朝通交の足跡を歩く」

 講師は、対馬観光ガイドの会やんこも 小島 武博 氏。

 厳原港(いづはらこう)から桟原城(現・陸上自衛隊対馬駐屯地)にかけては、対馬藩主・宗家10万石の城下町です。

 江戸時代の石垣が残り、朝鮮通信使も通った風情ある町なみを、「対馬観光ガイドの会やんこも」の会長・小島さんの案内でゆっくり歩きます。

 【集合】 10:00 対馬市交流センター・3階大会議室 (長崎県対馬市厳原町今屋敷661-3



■ なお、毎回10:00開始ですが、終了時刻は各回で異なります。集合場所も毎回異なりますので、下記チラシでご確認ください。
■ 講座は基本的に無料ですが、軽登山がある第2回(金田城)、第5回(北部の神社)は、1名500円(税込)をいただきます。(その場合でも、高校生以下は無料です)


 対馬市民はもちろん、このタイミングで来島される観光客の方も参加できます。(要申し込み)

 うーん、バスを手配して、講座+現地で着地型旅行商品がやれそうな気がしてきました・・・。

 新年度かな(殴)

 あ、昨秋、総合旅行業務取扱管理者の資格を取りました。

 英語とか海外地理とか苦労した(すぐ忘れる)ので、資格取るなら若いうちですよ!(実感)



対馬楽講座チラシ(表)

対馬楽講座チラシ(裏)



※以下、コピペ用です。


神々の時代から現代まで?!
対馬楽講座 〜歴史編〜


 雄大な自然に恵まれ、ツシマヤマネコが生息する国境の島・対馬。
魏志倭人伝や古事記・日本書記、万葉集などの古典にも登場するなど、悠久の歴史を誇る島でもあります。ただ、歴史は奥が深く、難しい印象があるため、敬遠している人が多いのも事実。
そこで・・・対馬の歴史を、座学と現地でわかりやすく楽しく学ぶ「対馬楽講座」を開催します!
 対馬の楽しみ方を身につけ、島内外の人と交流を持てば、人生が豊かになります。
人生の新たな扉を、開いてみませんか?

【開催日】 令和2年2月1日(土)〜3月1日(日)の土・日 10:00〜 全7回
【申 込】 資料準備・雨天中止時の連絡等のため、事前申込みが必要です(1回だけの受講も可能)毎回会場(集合場所)が異なるため、ご注意ください。
【定 員】 各回50名
【参加料】 無料(軽登山がある第2回・5回は1名500円(税込)※高校生以下無料)
【主 催】 一般社団法人 対馬観光物産協会
【後 援】 対馬市(予定)
【注 意】 ★集合時刻はすべて午前10:00です。回により所要(終了)時間が異なります。
★車での移動は、すべて参加者各自の運転です。(送迎バス等はありません)
★講座がある回(第1・6・7回)は、雨天時には講座のみ実施し、
現地のみの回(第2・3・4・5回)は雨天時には中止します。
★第2・5回は軽登山で、数km歩く回もあります。装備・寒さ対策などお願いします。


◆ 対馬楽講座スケジュール ◆

2/ 1(土) 第1回「対馬、神社と神々の島」 (講座1時間+現地2時間)
講師 和多都美神社 禰宜 平山 雄一 氏
集合 豊玉町文化会館(視聴覚室) → 講座後、車で和多都美神社へ移動

2/ 8(土) 第2回「金田城、1350年前の石塁にふれる」 (現地5時間)
講師 対馬市教育委員会文化財課 田中 淳也 氏
集合 美津島文化会館(駐車場) → 車で金田城登山口へ移動、徒歩で登山(約3km)

2/ 9(日) 第3回「元寇、佐須浦の激戦と軍神・宗助国」 (現地3時間)
講師 対馬市教育委員会文化財課 村瀬 達郎 氏
集合 小茂田濱神社(駐車場) → 車で法清寺(お胴塚)、その後散策(約3km)

2/16(日) 第4回「軍都、鶏知を歩く」 (現地2時間)
講師 対馬観光ガイドの会やんこも 小松 津代志 氏
集合 美津島文化会館(駐車場) → 鶏知周辺散策(約3km)

2/22(土) 第5回「聖地、対馬北部の神社めぐり」 (現地6時間)
講師 対馬観光ガイドの会やんこも 古場 公章 氏
集合 上対馬総合センター(調整中) → 車で琴まで移動、その後徒歩で登山(約2km)

2/23(日) 第6回「城下町、日朝通交の足跡を歩く」 (講座30分+現地2時間30分)
講師 対馬観光ガイドの会やんこも 小島 武博 氏
集合 対馬市交流センター(3階大会議室) → 城下町散策(約2km)

3/ 1(日) 第7回「現代の防人、陸上自衛隊対馬警備隊」 (講座1時間+現地1時間)
講師 陸上自衛隊対馬駐屯地司令 一等陸佐 山口 勝 氏
集合 (調整中) → 講座・現地ともに対馬駐屯地(厳原町桟原38)


対馬楽講座 | 16:30 | - | - |
「対馬楽講座〜歴史編〜」(予告)について
 こんにちは、毎年、マニアックな「対馬楽講座」(対馬の楽しみ方を学ぶ講座)を企画・実施している局長Nです。

(今年度は夏に、生物ライター・平坂寛さんのご好意により、「すごいぜ。対馬の昆虫」講座を開催しました)



 歴史ネタもやりたいなー、と思いながらも、今年度はインバウンド減少対策(国内観光客誘致強化)などの事業が多く、時は過ぎ、年度末。


 うーん、やるのか、やらないのか、対馬楽講座・・・。


 よし! 2月の土日全部潰して、やるぞっ!!

(もはや趣味!)



金田城

 現在、以下のテーマ(仮)で、土日の10:00〜16:00の間に、講座+現地訪問で実施すべく、講師の皆さんと打ち合わせ中です。


「国境の島・対馬の神社と神々」

「聖地、対馬北部の神社めぐり」

「金田城、1350年前の石塁をめぐる」

「元寇・佐須浦の激戦と軍神・宗助国」

「宗家10万石の城下町を歩く」

「軍都・鶏知を歩く」

「対馬を守る現代の防人・陸上自衛隊対馬警備隊」



胡禄神社

 テーマ(仮)からもわかるように、キーワードは「源流」と「攻防」です。

 いや〜、ソワソワする〜。

(古墳とか清水山城もやりたいけど・・・)


 乞うご期待!!
対馬楽講座 | 01:13 | - | - |
「対馬楽検定〜自然編〜」結果発表について
 こんにちは、今年のクリスマスイブはおしゃれな横浜で迎える予定の局長Nです。

 ええ、「お城EXPO2018」(パシフィコ横浜)に、協会と市(のおっさん3人)で参加するのです。

 そのお話はまたいずれ(-_-)//

 >>お城EXPO2018(公式WEBサイト)



対馬楽検定・問題集

 さて、先日12/2(日)に、「対馬楽検定〜自然編〜」を実施しました。

 植物・野鳥など対馬の自然に関する問題を中心に、50問×2点=100点満点。

 参加者は9名と少なかったのですが(申込みは24名)、熱心な方々が参加したためか全体的に高得点で、100点満点の方もいらっしゃいました。

 すごい(-_-;)


 では、結果発表です!

 プラチナ賞(100点) 熊中さん

 金賞(96点) 多田さん

 金賞(94点) 庄司さん

(プラチナ100点、金賞90点以上、銀賞70点以上)

 いずれも厳原町在住の方でした。

 参加者の皆様、ありがとうございました<(_ _)>

 準備でき次第、皆様に認定証をお送りします。



 ちなみに正解率が50%以下の難問は、以下の通り。


問11. ウスギ〇〇〇〇ソウ (名称)
【科名】クサスギカズラ科 【分布】九州(対馬、福岡県)
雑木林に生える多年草。高さ15〜30cm。5月、黄緑色の花をつける。
(1)ヘビグチ (2)カメグチ (3)ヤモリグチ (4)ワニグチ

問16. ○○○○ノカミソリ (名称)
【科名】ヒガンバナ科 【分布】九州(宮崎県、対馬)
日当たりのよい林縁、道ばたに生える多年草。高さ30〜50cm。葉は冬に出て初夏に枯れる。8〜9月、黄赤色の花をつける。
(1)キツネ (2)タヌキ (3)イタチ (4)ムジナ

問24. 以下は「オウゴンオニユリ」についての説明である。
これまで対馬では〇〇〇〇でオウゴンオニユリ(自生)は発見されている。
(1)厳原町豆酘、美津島町尾崎 (2)豊玉町廻、峰町佐賀 (3)上県町女連、上対馬町泉 (4)豊玉町卯麦、上県町佐護

問40. 以下の哺乳類のうち、大陸型でないものを1つ選びなさい。
(1)ツシマヤマネコ (2)ツシマテン (3)チョウセンイタチ (4)チョウセンコジネズミ


問題番号 正解
1 1
2 3
3 1
4 1
5 1
6 2
7 2
8 4
9 1
10 2
11 4
12 3
13 2
14 4
15 1
16 4
17 3
18 1
19 2
20 1
21 4
22 1
23 1
24 3
25 2
26 3
27 3
28 2
29 2
30 1
31 4
32 4
33 2
34 1
35 3
36 3
37 2
38 4
39 4
40 2
41 4
42 4
43 1
44 3
45 2
46 3
47 2
48 4
49 4
50 2
対馬楽講座 | 00:15 | - | - |
「国境の島 対馬楽検定〜自然編〜」について
 こんにちは、この1週間で龍良山に2回、白嶽に1回登り、浅茅湾をシーカヤックで縦断した局長Nです。

 対馬縦断トライアスロンの着想を得てソワソワしていますが、それは別の記事でっ! ヤマネコン


対馬楽検定・問題集

 さて、隙間時間でコツコツと作っていた「国境の島 対馬楽検定〜自然編〜」の問題集が完成しましたので、出題範囲・配点などのお知らせです。


対馬楽検定・チラシ

「国境の島 対馬楽検定〜自然編〜」

【日時】 平成30年12月2日(日) 受付10:00 検定10:30〜12:00
【会場】 対馬市交流センター3階大会議室 (長崎県対馬市厳原町今屋敷661-3)
【締切】 平成30年11月22日(木)17:00まで
【参加料】 無料
【難易度】 初心者向け・選択式(4択)
※すべて (1)「対馬の植物」(國分英俊/國分愛子、発行:あるむ、価格2,500円(税抜))、(2)「対馬の鳥と自然」(川口 誠・前田 剛[編]、発行:長崎新聞社、価格1,600円(税抜))から、対馬に関する問題を出題します。
【テキスト購入】 観光情報館ふれあい処つしま(一般社団法人 対馬観光物産協会)にて販売。


【出題範囲・配点など】

配点は50問×2点=100点満点。
出題内容は、書籍「対馬の植物」「対馬の鳥と自然」の記載事項のうち、対馬に自生するもの・顕著に見られるものなど、すべて「対馬」に関係が深い植物・野鳥・自然から出題します。

「対馬の植物」編 (計25問)
 本文の一部の伏字にふさわしい単語を選択するもの 1問
 写真と説明文に適合する植物名を選択するもの 11問
 説明文に適合する植物名を選択するもの 11問
 説明文に適合する地名・季節を選択するもの 2問

「対馬の鳥と自然」編 (計25問)
 説明文に適合する数字を選択するもの 1問
 説明文に適合する野鳥名を選択するもの 10問
 説明文に適合する動物・地質・山岳・植物名等を選択するもの 14問


【例題】

下記設問を参考に、〇〇〇〇に当てはまるものを、選択肢から1つ選びなさい。

問〇. ツシマニオイ〇〇〇〇 (名称)
【科名】ラン科 【分布】対馬
樹林下に生える多年草。高さ25〜30cm。2〜3月、緑化に紫紅色のスジが入った花をつける。詳しい生態はわかっていない。
(1)シュンラン (2)カンラン (3)マヤラン (4)カキラン
対馬楽講座 | 00:31 | - | - |
「対馬楽講座〜自然編〜」報告と対馬楽検定開催について
 こんにちは、局長Nです。

 遅くなってしまいましたが、8/28から10/2にかけて開催した「対馬楽講座〜自然編〜」のご報告&対馬楽検定のお知らせです。

昆虫講座

 講座の受講者数は、

 厳原会場 全6回 316名(1回平均53名、皆勤賞24名)

 上対馬会場 全3回 51名(1回平均17名、皆勤賞8名)


 でした!

絵葉書

 皆勤賞の皆様には、賞状と ツシマヤマネコやヤマショウビンなどの特製絵葉書セット をお贈りします。

 ご参加、ありがとうございました!<(_ _)>



 さて、今回の講座は、植物、昆虫、野鳥、ツシマヤマネコなど対馬には優れた自然資源があり、それらを知り活用することで、農林水産業や観光の振興、生きがいの充実などにつながるのではないか、というテーマを掲げての企画でした。

 毎回刺激的で楽しかったのですが、すべての講座で問題として浮かび上がったのが、




ツシマジカ
(写真:上見坂公園)

 獣害(特にシカの食害)

 でした。




 増えすぎたシカが下草まで食べてしまい、希少植物の絶滅や、ヤマネコを頂点とする生態系のバランスの崩壊、農業・林業被害、漁業にも悪影響(山から川・海に流れこむ水の貧栄養化)を与え、洪水や土砂災害にもつながるのではないか、ということを実感しました。

 シカは昔からいた訳ですが、狩猟圧の低下(毛皮や食料としての利用減少、ハンターの高齢化など)、温暖化や耕作放棄地の増加など様々な要因で増えているようで、全国的に深刻な被害が出ています。

 江戸時代の陶山訥庵(すやまとつあん)による対馬の殲猪(猪鹿追詰)が、いかに壮絶な事業であったか、考えさせられます。

イノシシ
(写真:棹崎公園)

 次回は、そのあたりも取り込んで、企画したいと思います。


 ・・・の前に、対馬楽検定ですね(^^;)


国境の島・対馬楽検定〜自然編〜

【日時】 平成30年12月2日(日)
【受付】 10:00
【検定時間】 10:30〜12:00

【会場】 対馬市交流センター3階 大会議室
【定員】 100名(先着順)
【参加料】 無料
【締切】 平成30年11月22日(木)必着
【難易度】 初心者向け・選択式(4択)

※すべて、
(1)「対馬の植物」(國分英俊/國分愛子、あるむ、価格2,500円+税)
(2)「対馬の鳥と自然」(川口誠・前田剛 編、長崎新聞社、価格1,600円+税)
から、対馬に関する問題を出題します。

【テキスト購入】 観光情報館ふれあい処つしま(一般社団法人 対馬観光物産協会)にて販売。
【お申込み】 一般社団法人 対馬観光物産協会
〒817-0021 長崎県対馬市厳原町今屋敷672-1観光情報館ふれあい処つしま
TEL 0920-52-1566 / FAX 0920-52-1585
【備考】 筆記用具持参、携帯電話等使用不可、上位者はHPにて発表、検定結果は郵送いたします。

対馬楽検定
対馬楽講座 | 17:40 | - | - |
「対馬楽講座〜自然編〜」と「タフォニ」について
 こんにちは、4日間に及んだ登山番組の撮影・取材が終わり、ほっとしている局長Nです。

 (協会で一番黒くなりました)

 放送日時が確定したら、あらためてお知らせしますね。


 さて、対馬市広報8月号(8/15くらいから市内各戸配布)の8ページでも告知していますが、今年の「対馬楽講座〜自然編〜」の聴講生を募集しています。

対馬市広報・対馬楽講座


 明日、チラシも全島新聞折込の予定です。

新聞折込・対馬楽講座01

新聞折込・対馬楽講座02


>>「対馬楽(つしまがく)講座〜自然編〜」の開催について(当協会ブログ2018.08.07 Tuesday)

 初回(8/28)は、対馬の山歩きの楽しさを紹介する予定ですが、プレゼン資料が全然できていないので、頑張ります!(今から)



 さて、山番組の下見であちこち歩き、一番最近覚えた単語が

 タフォニ

 です。






 海岸近くの岩の表面などによく見られる風化穴のことで、タフォニだらけの海岸を見つけたので、


 「これは! タフォニを見ながらブラブラ歩いたら楽しいのでは!!」

 と思ってたくさん写真を撮り、

テーブル状

 テーブル状のタフォニ!


蜂の巣状

 蜂の巣状のタフォニ!


縦筋

 地層に沿って水平方向にタフォニができた岩石が、垂直方向に転倒!


岩全体

 岩全体にタフォニが!






 興奮して家族や協会スタッフに写真を見せたところ、



















 気持ち悪い

 と。


 まじかー(-_-;)

対馬楽講座 | 13:41 | - | - |
「対馬楽(つしまがく)講座〜自然編〜」の開催について
 こんにちは、記録的な暑さが続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

女連の地層2

 山番組の取材で「対馬の地質について語ってください」というテーマを与えられ、夏休みの自由研究のように地質を見たり、石ころを拾っているジオ・局長Nです(-_-;)


 さて、対馬の魅力と言えば、おいしい食べ物、トレッキングやシーカヤック・SUPなどのアクティビティ、悠久の歴史など、(趣味の数だけ)いろいろあるわけですが、国境の島ならではの雄大な自然もそのひとつ。

 涼しい夜のうちに自然について学び、レジャーの秋になったら対馬の雄大な自然・外遊びを満喫すべく、

「対馬楽講座〜自然編〜」

を開催します!

 過去4回(5年)にわたり講座を開催しましたが、今回のテーマは、山歩き、アウトドア、野鳥、ツシマヤマネコ、植物、昆虫、生物相、環境と産業などなど。

 厳原会場で6講座、要望にお応えして上対馬会場でも3講座、計9講座を実施します!
 
 12月には「対馬楽検定〜自然編〜」も開催予定ですので、ふるってご参加ください<(_ _)>






対馬の雄大な自然を楽しもう!
対馬楽講座 〜自然編〜


 四方を大海原に囲まれ、面積の89%を森林が占める国境の島・対馬。
 我々が住むこの島は、大陸系植物が花を咲かせ、個性的な昆虫たちが生息し、珍しい野鳥が飛来し、ツシマヤマネコが棲む豊かな自然に恵まれています。
 観光やアウトドアのみならず、農林水産業の基盤となる雄大な自然について、学んでみませんか?


【厳原会場 計6回】

開催日時 平成30年8月28日(火)〜10月2日(火) 毎週火曜日 19:30〜21:00
会  場 対馬市交流センター3階 大会議室(長崎県対馬市厳原町今屋敷661-3)
定  員 100名(先着順)

8/28(火) 開講式 & 対馬の山歩きを楽しもう!
 案内 一般社団法人 対馬観光物産協会 西 護

9/4(火) 対馬のアウトドア観光
 案内 対馬市島おこし協働隊 エコツーリズムプランナー 上原 由美子

9/11(火) 旅鳥の宝庫 対馬
 講師 対馬野鳥の会 会長 杉原 敏

9/18(火) ツシマヤマネコの過去・現在、そして未来
 講師 環境省 対馬自然保護官事務所 厳原事務室 自然保護官 永野 雄大

9/25(火) 植物にとっても「国境の島」? 対馬の植物とその分布の不思議
 講師 対馬市島おこし協働隊 生物多様性保全担当 山本 武能
 ※9/20(木)に上対馬会場でも開催します。

10/2(火) 陸橋の島 対馬の昆虫
 講師 対馬の自然と生き物の会 境 良朗



【上対馬会場 計3回】

開催日時 平成30年9月13日(木)〜9月27日(木) 毎週木曜日 19:30〜21:00
会  場 上対馬総合センター 視聴覚室(長崎県対馬市上対馬町比田勝575-1)
定  員 50名(先着順)

9/13(木)  国境の島 対馬、その独特な生物相〜日本と大陸を繋ぐ証たち〜
講師 合同会社対馬自然写真研究所 代表 川口 誠

9/20(木) 植物にとっても「国境の島」? 対馬の植物とその分布の不思議
講師 対馬市島おこし協働隊 生物多様性保全担当 山本 武能
 ※9/25(火)に厳原会場でも開催します。

9/27(木) ツシマヤマネコとつながる農林水産業
講演 一般社団法人MIT 代表理事 吉野 元





国境の島・対馬楽検定〜自然編〜

日時 平成30年12月2日(日) 受付10:00 試験時間10:30〜12:00
会場 対馬市交流センター3階 大会議室(長崎県対馬市厳原町今屋敷661-3)
定員 100名(先着順)
締切 平成30年11月22日(木)

対馬の植物 対馬の鳥と自然

難易度 初心者向け・選択式4択 すべて(1)「対馬の植物」(國分英俊/國分愛子、あるむ、価格2,500円+税)、(2)「対馬の鳥と自然」(川口誠・前田 剛編、長崎新聞社、価格1,600円+税)から、対馬に関する問題を出題します。
テキスト購入 一般社団法人 対馬観光物産協会にて販売
備考 筆記用具持参、携帯電話等使用不可、上位者はHPにて発表、試験結果は郵送いたします。

対馬楽講座 | 10:48 | - | - |
「国境の島 対馬検定」の結果発表について
 こんにちは、局長Nです。

 2か月にわたって開催した「対馬楽」事業の締めとなる「国境の島 対馬検定」を、2/11(日)に開催しました!

 出題の基となるテキストは、対馬市内の小学生(5年生以上)〜高校生に配布されている「つしまっ子郷土読本」(発行:対馬市教育委員会、執筆・編集:芳洲会)で・・・

つしまっ子郷土読本

 出題は50問、解答は選択式(4択)です。

対馬検定

 申込者27名、実参加者20名で・・・




 上位者の発表です!




プラチナ賞(100点満点) 1名 佐藤 様(福岡市)

金賞(98点) 2名 佐藤 様(対馬市厳原町)、平間 様(対馬市厳原町)

金賞(96点) 2名 迫頭 様(対馬市厳原町)、築城 様(対馬市豊玉町)

金賞(94点) 4名 上原 様(対馬市厳原町)、杉村 様(対馬市厳原町)、
          熊中 様(対馬市厳原町)、川口 様(対馬市上県町)


でした!


参加いただいた皆様に、心より御礼申し上げます<(_ _)>

2月末をめどに、「国境の島 対馬検定」の認定証をお送りします。



正解率が低かった問題をいくつか紹介すると・・・


設問〇〇
日本で対馬以外にも生息する生き物は (   )である。
(1)チョウセンヤマアカガエル (2)コウライキジ (3)ツシマヤマネコ (4)アムールカナヘビ

※テキストP4で、日本で対馬にのみ生息する生き物について記述してあり、消去法で答えが決まります。


設問〇〇
日本系の植物と大陸系の植物が混じって生えていることで知られ、世界で対馬にしかないシマトウヒレンの産地でもある原始林は(    )である。
(1)龍良山原始林 (2)神崎原始林 (3)洲藻白嶽原始林 (4)御嶽原始林

※テキストP15に記述があります。20名中正解者11名の難問でした。


設問〇〇
前問の飛び地に副代官として派遣された賀島兵介は、治水事業や植林、養蚕などに取り組み、また領民からたいへん尊敬され、現在でも命日の4月9日には(   )がおこなわれている。
(1)対馬祭 (2)基肄養父祭 (3)賀島祭 (4)芳洲祭

※前問の飛び地は、「現在の佐賀県鳥栖市から三養基郡基山町に及ぶ(   )(肥前基肄、養父両郡1万石)」のことで、テキストP58右下に記述があります。



ちなみに対馬楽講座は、申込者101名、全8回の平均出席数は約51名(延べ参加者405名)、皆勤賞は22名でした!




以下、正解です。参加された方の自己採点用に(^^;)

国境の島 対馬検定

問題  正解
1  1
2  4
3  1
4  2
5  2
6  4
7  4
8  2
9  4
10  1
11  3
12  3
13  1
14  3
15  1
16  2
17  3
18  2
19  3
20  3
21  3
22  2
23  1
24  4
25  2
26  4
27  3
28  4
29  2
30  1
31  3
32  2
33  1
34  4
35  1
36  2
37  2
38  4
39  3
40  4
41  3
42  1
43  2
44  4
45  3
46  4
47  1
48  2
49  4
50  1

対馬楽講座 | 20:16 | - | - |

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.